早期治療でとびひを治す方法

早期治療でとびひを治す方法

大人も危ないとびひの正しい対処法

とびひとは

「とびひ」とは、正式名称を伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と言います。

 

虫さされ・あせも・湿疹・すり傷などによって、傷口から化膿菌が入り込んで水ぶくれが出来てしまいます。

 

皮膚の表面ので、細菌が感染してしまうものです。

 

この水ぶくれはすぐに破けてしまうのですが、中にいた菌があちこちに飛び散って広がってしまい新しい水疱ができてしまいます。

 

このような様子が「飛び火」に似ていることから、「とびひ」と呼ばれています。

 

このとびひという病気は特に夏に多い病気で、暑ければ暑いほど菌が強力になるという特性を持っています。

 

汗をかきやすく高温多湿になる夏の時期によく発症しますが、近ごろでは暖房を利用する冬の季節にも増加しているようです。

 

とびひは子供の方が発症する割合としては多いですが、大人も感染する病気です。

 

とびひの種類によっては年齢や季節などに関係なく罹るものもあり、中には大人に多く発症する種類のとびひさえあります。

 

膿泡や水泡が出来た後にはかさぶたができますが、痒みがあるため子供にとってはとても辛い病気でしょう。

 

また、とびひにかかるとプールを休まなければいけなかったり、園や学校によっては登校を断られるといったようなケースもあるようです。

 

とびひにかかったときやその恐れのあるときには、直ちにきちんとした治療を受けるようにしてください。

 

とびひは、そのうちに治るというような病気ではありません。

 

できるだけ早く病院を受診することで、症状が軽いうちにとびひを完治させることが出来ます。

スポンサーリンク

関連情報



Copyright (C) 2010 早期治療でとびひを治す方法 All Rights Reserved.