プロミス審査に落ちたら...と不安な場合は?

気軽な気持ちでプロミスみたいなキャッシングに手を出すのはあまりよくないことですね。

定職についてさえいれば、プロミスで借りても返せるだろうなんて考え方は甘すぎます。

その仕事さえもなくしかねないのが返済させるための取り立てなんです。プロミスは大手消費者金融ですから、法外な取立てはしないと思いますが、返済遅れの電話を無視したりしていると職場や家庭に電話があるといわれています。

プロミスではないですが、他の金融機関でお金を借りて返済できなくなって、そこからのハガキや電話を無視していたら勤務先にかかってくる、取り立てと分かる電話により勤務先に居づらくなり退職した人を何人か知っています。

キャッシングを複数社で利用する際にはその金額については総量規制を受けるので、利用可能額がトータルでいくらになるかを確認し、キャッシングの申し込みを行うことが大事です。

こうした規制を消費者金融会社が設けている目的は、申し込む人が高額すぎるお金を借り入れするのを防ぐためであり、その上限は年収額に応じて決められるので、自分のキャッシング利用額が今いくらなのか確認してキャッシングを使うかどうかの判断を行いましょう。

一般的に、キャッシングというとお金を借りることをイメージすると思いますが、高額の商品を購入した際、分割払いする時にもプロミスキャッシングが心強い味方になります。

下調べをしておいて、一定期間金利ゼロの特典が付いたキャッシング業者に申し込めば、返済の負担が少なくて済みます。

こうした一定期間利息の付かない特典は初回のみのケースがほとんどですが、キャッシング業者の中には、以前の借入の返済を済ませてから、しばらく時間が経過していればまた特典を受けられる業者もあります。

平成22年までにカードローンを使用していれば、過払い金と呼ばれるお金が戻ってくるかもしれません。

過払い金があったときは、過払い金の返還手続きを済ませることで払いすぎた利息が戻ってきます。

ただし、債務整理と同じ扱いになってしまので、現在借入があるなら同時に一括返済をしなければ残念なことにブラック扱いとなってしまいます。

過払い金請求は元々完済したものに対する行いのことなので注意しましょう。

法改正により、新たな貸金業法が2010年6月に完全施行されました。

そのため、それ以前に高金利でキャッシングしていたという人は、取り急ぎ、過払い金が発生していなかったか確認してください。

過払い金はグレーゾーン金利とも呼ばれ、違法な金利で支払った利息を指します。

元本の額によっても少し変わりますが、年利が20パーセントを超えていた場合は、過払い金の請求ができます。

発生している過払い金は業者に請求することで返ってきますが、請求できる期間は完済後10年となっていますから、これらの条件にあてはまる可能性がある人は早めに行動しておきましょう。

キャッシングとカードローンはほとんど変わりませんが、微妙に異なります。

異なるのはどこかというと違うのは返済方法です。

キャッシングならカードなどで現金を引き下ろしたり、商品を買ってから、次の月に一括返済という方法をとりますが、カードローンの方は、分割で返済することになりますので、こちらですと金利がかかってしまいます。

どうも今月は何かと厳しいなぁ、という時にはキャッシングという手がありますが、自分の収入を持たない専業主婦という身では縁がないこと、と思い、その考えを捨ててしまう人も大勢いらっしゃるかもしれません。

実をいうと、定期収入のない専業主婦でも、中には、融資を受けられるキャッシング業者だってあるのです。

専業主婦でも大丈夫なキャッシング会社では、夫の収入が安定していれば、審査をパスして、プロミスのキャッシングを受けられます。

キャッシング契約の際は、利用限度額も重要です。

借入限度額が50万円以下なら、運転免許証を提示して本人確認が取れれば契約可能だからです。

しかし、希望限度額が50万円を超す金額であったり、他社借入額と合算して100万円を超すと、収入証明書を提出せねばならず、 事務手続きがちょっと繁雑になるという訳です。

個人でお金を借りられるキャッシングはその手軽さから、人気が高いです。

しかし賢く利用するためには、各サービスの利用条件や金利などを知り、目的に合ったサービスを選ぶ必要があるでしょう。

キャッシングサービスには多くの業者があるので、ご自分にとって重視したいポイントを理解することが大切です。

ちなみに、利用者が急増しているキャッシングは、実際にお金を借りられるまでの時間がかからず、審査も甘いサービスのようです。

審査に必要な時間は業者によって違うので、迅速な対応を売りにしている業者であれば、即日融資も可能です。

法律で定められたプロミスみたいなキャッシングに関する規制というと最も有名なのは、総量規制というものです。

年収の3分の1のキャッシングしかできないといった規制です。

消費者金融にこの規制は適用されますので、銀行はこの法律とは別の管轄の法律であるため、適用されることはありません。

また、他社でもう借り入れがある場合はその分も含めた総額で判断されます。

キャッシング経験が無い場合でも、事故歴があると見られるケースがあります。

どのような場合にそうなるのかというと、クレジットカードの支払いやスマホ代、公共料金の返済が間に合わないといったケースです。

およそ5年から10年はこの情報は記録されますから、例えば、学生時代に携帯電話料金を滞納したことがあるのなら、それが原因でプロミスなどのキャッシングで厳しい審査をうけるという事例も珍しい話ではないでしょう。

さまざまな料金支払いは、面倒になってつい後回しにしがちです。

でも、うっかり滞納したりすると、必要な時に融資が受けられなくなる可能性も有ります。

そうならないように、必ず返済は期限内にするようにしましょう。

ただそもそもプロミスの審査に落ちたらどうしよう、通るかどうか保証はないので迷っているという人も多いのではないでしょうか?

初めてキャッシングの申し込みをする場合の、プロミス審査に落ちないために注意点を探していたのですが、それによると一度に複数社へ申し込みをするのはよくないのだそうです。

またその他にも、プロミス審査申込時の書類について嘘や間違ったことを書いたり、バレないだろうと適当に書いたりすると、審査に落ちる可能性もあるとのことでした。

参考:プロミス審査落ちた?落ちないための注意点【経験者のアドバイス】

貸金業法が改正されました。

そのためプロミスなどのキャッシングの金利設定は、全金融機関で改正前より引き下げられました。

改正以前の取引があった場合、現行法以上の利息を支払い、過払い金があることもあります。

早めに手を打ちましょう。

時効があるのです。

可能性があれば、完済後、返済中を問わずできるだけ早く専門家に相談をして返還のための手続きに取りかかるのがオススメです。

今はプロミスみたいなキャッシングにも魅力的なオプションがついていて、キャッシング業者によっては、一定期間利息無料サービスをつけているところも増えていますが、利用条件が微妙に違うので、実際に申込手続きを取る前に無利息の対象なのかどうかチェックしておいてください。

とくに、無利息期間がいつからいつまでなのかという点は忘れがちですから、きちんとチェックしてください。

しかし、返済手数料がかかるサービスであれば、せっかくの無利息分が利益にならないケースもありますので、返済方法も確認しておきましょう。

キャッシングしてみたいけどその仕組みがいろいろと複雑そうなので避けてしまっているという方は少なくないことでしょう。

意外に仕組みは単純なのでここは思い切って申し込んでみてはいかがでしょうか?ここのところは、即日プロミスのキャッシングをしてくれる所も多いのでお勧めですよ。

さしたる手間もなしに借りれるところがニーズに適しているのでしょうが、少しでも支払いに遅れがあったら、一日単位で遅延した分の利息を払わねばならず、これを遅延損害金といいますが、一番多い年利では20%にもなる延滞金を支払わねばならないのです。

かつ、この遅延期間にも日割りで金利が生ずるので、遅延期間が延びれば、支払う金額が増える一方となります。

延滞せざるを得ないときは早めの支払いを心がけた方がいいです。

アコムやプロミスでは審査に落ちたくないひとのために、簡易審査というものが設けられています。

年齢や年収、他社借入の状況を入力するだけで、審査に通るか落ちるかをコンピューターが判断してくれるというものです。

プロミスの審査に落ちないか心配だという人は、まずこのような診断で試してみるようにしましょう。