リフォームローン金利がお得な銀行はどこ?シミュレーションをしよう!

リフォームを行うにあたって必要となってくるのがリフォームローンの頭金です。

その料金は業者によって様々です。

工事に取り掛かる前に頭金を用意して下さいと言う業者もいますし工事完了後に一括払いでOKという業者もいます。

金額についてもリフォーム業者によってかなり違ってきますので少なくとも2 3の施工業者から見積もりを取ることをおすすめします。

通常、頭金に必要な金額はだいたい工事費用の10%から20%が一般的なのですが、最初に勝手に見積もりを出し資材費を請求してくるような業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に契約内容をきちんと確認することが大切です。

リフォームローンの一体型とはどのようなローンなのか知っていますか?簡単にいうと住宅ローンとセットになったローンです。

中古の住宅を購入し、その後リノベーションを計画しているのであれば一体型ローンでローンを組まれることをおすすめします。

住宅ローンと比較するとリフォームローンのほうが金利が高いので1本化することでリフォームも低金利が適用されるメリットがあるからです。

注意点として、事前審査でリフォームの見積書が求められたり、工事請負契約書の提出が求められることがあります。

従って、中古の物件を探すことと並行してリフォーム業者を探して、見積もりを作成してもらうという準備も必要になります。

リフォームローンの口コミというのは、高評価な金融業者が良い業者とは限りません。

低金利なローンには借りたいという人が集中しますので審査基準は比較的厳しめという傾向にあります。

審査が厳しいが故に多くの人が審査落ちし怒りが収まらず、悪い口コミを書いてしまうんですね。

ですので、口コミに踊らされてしまうと自分に条件に合致した商品を見落としてしまうかもしれません。

特に金融関係の口コミを参考にする場合は良い悪いという口コミの件数だけではなくどうしてその評価を下したのかという理由まで見る必要があるのです。

リフォームローンを探すオススメの方法として口コミのランキングサイトを利用するのが便利です。

けれども、住宅事情は人それぞれ違いますからひとえにインターネットの情報だけに頼るのはいけません。

何はともあれ、今の住宅で改善したい箇所を家族で洗い出し、リフォームかかる料金を算出し条件に合致するリフォームローンを見つけましょう。

リフォーム費用が高額なるようであれば有担保型ローンがおすすめですが、少額で済みそうであれば小回りが利く無担保型ローンがおすすめです。

また、中古住宅の購入と一緒にリフォームをしようと考えている人は一体型のリフォームローンを選べば金利を低く抑えることができます。

リフォームローンのシミュレーションは大手金融業者であればHPに試算フォームを設置しています。

検索ウィンドウに「リフォーム」や「シミュレーション」といった言葉を入力すると該当するHPが複数ヒットします。

借入希望額や返済期間、ボーナス時の返済額などを入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されます。

個人情報を登録せず利用できるのでローンを組もうとしていることばばれてしまうのではという不安を抱く心配はありません。

返済額の計算は複雑で素人では難解ですからリフォームローンを考えている方は積極的に利用しましょう。

リフォームローンで受けられる控除は所得税の控除があります。

申告を行う事で当年の所得税から工事費の10%(限度額アリ)が還付されます。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件があり指定されています。

省エネや耐震、三世代同居といった場合は25万円、バリアフリー工事は20万円と定められています。

控除の必須要件として自身が所有し居住することや所得が3000万円以下でなければならないなどが上げられます。

アルヒのリフォームローンは 申込資格が満20歳以上から65歳未満の個人という規定があります。

融資の金額は50万円以上1 000万円以内とされており、返済回数は12回(1年)から420回(35年)となっています。

それゆえに、アルヒの契約では連帯保証人が必須になります。

また、融資金額が500万円を超えるような場合は抵当権も設定されますので、任意で団信保険付プランを付けることも可能です。

利率は変動金利型となっており、年に2回の長期プライムレート(基準金利)を、3か月後の口座振替から適用となります。

諸費用・リフォームローン及びフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれに基準金利と事務手数料が異なります。

リフォームローン金利比較をするのであれば大手の比較サイトを利用するのが効率的です。

参考:リフォームローン金利がお得な銀行は?シミュレーション!【返済額は?】

いくつもの金融機関の情報が掲載されている比較サイトであれば限度額や借入れ条件が一目瞭然です。

金利や借入限度額、審査時間など条件ごとに並び替えすることも可能です。

サイトによってはバナーが貼ってありますので検索しなくても見たいHPにすぐ行くことができます。

最近はネット銀行が増えてきたので来店せずとも自宅で申し込めるローンが増えています。

お気の毒にもリフォームローンに落ちたという方はその原因を分析する必要があります。

まず、落ちた理由として考えられることは借入希望金額が収入に対して高額すぎたのかもしれません。

あるいは、勤続年数が短すぎるとか会社の経営が思わしくないなどといった問題があった可能性もあります。

例を挙げるとリボ払いの残額が残っていたり、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況というのも実は大きな要因となるのです。

キャッシングの返済など、きちんとクリアにすることが審査に受かる第一歩となります。

リフォームローンを組むにあたって、いくら借りられるかというのは、リフォームをする上でかなり重要ですよね。

ですが、住宅ローンと比較した場合借入限度額はわずか1/10程度となっています。

借入れ可能な最大金額は500万円から1000万円以内がほとんどです。

リフォームローンの金利というのは2%から5%と高く、返済期間は最長10年から15年と期間が短いため、借入金額が多いとその分、返済額も膨れ上がってしまうのです。

無理のない返済額に応じた借入額を事前にシミュレーションすることが大切です。

リフォームローンの金利についてですが金融機関によって異なります。

低金利の場合1%台からありますが、金利が15%ほどもある金融機関もあります。

2種類の金利体系があり変動と固定という2つの金利体系があります。

変動金利のメリットには金利が低いことが挙げられますが、景気の変動に応じて金利が変わるリスクがあります。

一方、固定金利は完済するまで金利は変化しない安心感はありますが、そもそもの金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても高金利のまま返済をし続けるというリスクもあります。

リフォームローン減税について説明します。

リフォームローン減税は住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になります。

対象となる工事にはいくつかの条件があります。

減税の対象となるリフォーム工事は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超える場合に適用されます。

申請を行う人物についても要件があり年収は3000万円以下で返済期間が10年以上という条件のほか、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなども必須条件となっています。

減税は自己申告制なので入居した翌年に確定申告しなければ減税制度を受けられません。

リフォームローンの融資を受けてリフォームローンが余ってしまった場合、融資業者に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は施工業者の見積などによって算出されるため借入金が余るというケースは珍しいのですがわざと多く借りたみたいで不安になりますね。

一方で、建設業界では追加で費用が発生することのないように事前に上乗せ融資を勧めるといった業者もいます。

また、追加融資が難しい金融機関においては予め上乗せ融資を勧めるといったことがあるようです。

最終的に完済すれば問題ありませんし、そのまま放置していても構わないみたいですが、気にする人は繰り上げ返済を早急に返していくようにしましょう。

金利が低いリフォームローンを借りるには担保型のローン一択です。

リフォームローンには担保形と無担保型があり金利相場や借入期間、借入可能額などに違いがあります。

無担保型の場合借入期間は最長10年から15年で借入れ可能な上限金額は500から1000万円ですが、担保型であれば期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いの融資を受けることができます。

金利は長期の借入の方が低金利になるため無担保型の約2から5%という金利に対して、担保型は約1から2%といった低い金利となります。

又、貸付金利タイプでも差があり変動金利と固定金利と比較すると変動金利の方が低金利です。

口コミで人気のアプラスのリフォームローンは「リフォームプラン」という商品名です。

申込要件として、20歳以上65歳未満の安定収入がある人、融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)とライトなローンになっています。

金利に関しましては7.20%から14.40%という少々高めの設定になっています。

ネットで申し込みが可能なことや担保・保証人が不要なので小規模なリフォームにはベストマッチです。

シミュレーションも詳細な条件を設定できますので、アプラスのリフォームローンについて詳しく知りたいという方は、一度、HPをご覧になってみてくださいね。